×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

コンテンツ1 2010.02

九州へ龍馬の旅-ハウステンボス



福田さんちのログハウス

        

30年数年ぶりにNTT同期入社の「福田さん」に会いました。立派なログハウスは、別の場所にあったものをここに移転させたそうです。それも、本人、子供、友人など自分たちでコツコツと1年半かかりで組み上げたそうです。

今はセカンドライフで、約800坪の敷地で、シイタケ栽培、ご自慢の自然薯づくり、そのほか野菜栽培と楽しんでいました。ここは、小長井カキの産地で、車で5分ぐらいのところに牡蠣の養殖場があり、牡蠣、扇貝、アサリなど貝類を、もう牡蠣の顔を見るのがイヤになるほどいただきました。皆さんにも、あの牡蠣を食べさせてあげたい。

ハウステンボス

        

        

        

今回の旅行で一番がっかりしたのがハウステンボスです。コンセプトがまったくないですね。バブル時代に作った立派な建物ばかりのハードでソフトがまったくないです。これでは、人はこなくなるのは当たり前、入場料5600円は返せと言いたいです。HISが支援を名乗り出ているようですが、TDL,USJなんかを見習ってテーマパークとは何かを考えてほしいものです。

最後の写真はデックブルマー商品の直営店ですが、ミッフィーが並んでいるだけでした。

イベント

        

イベントもこんな子供だましを1日2回やるだけ。少し遊んだのは「トリックハウス」で左は同じ距離に二人が立っている状態、右は絵と立体の境がわかりますか???。最後は最近ブレイクし、佐世保市内では1〜2時間待ちが当たり前の「佐世保バーガー」で、この大きさはむしろ小さいほうだって・・・・・

ライトアップ

        

ライトアップを見たくて夜7時ごろまでいましたが、数箇所にライトが付く程度でした。花火もあるそうですが5分間ぐらいだそうでもう帰りました。

実は、ここでも「龍馬伝博」をやるのですが2月27日だそうです。