×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

コンテンツ1 2010.06

北海道キャンピングカーの旅 NO.05 



ウトロ→知床半島→知床五胡→知床峠→羅臼→根室→納沙布岬→愛冠岬→厚岸→釧路→釧路湿原→鶴居村→阿寒湖→オンネトー

     

世界遺産「知床半島クルーズ」

        

今回の目的でもある知床クルーズに来ました。2年前に行ったキャンピングカー仲間から、乗るのならクルーザーと言われていたので、迷わず予約。ごらんのようなライフジャケットを着せられて3時間のツアーに出発します。

3枚目が、一番有名なカムイワッカの滝でオホーツク海に流れ落ちる「神の水」と言われている温泉。4枚目が「象岩」で海からしか見えない光景です。

        

逆光でうまく撮れなかったのですがフレペの滝(乙女の滝)です。断崖から涙が流れ落ちる様は乙女の涙とも言われています。2枚目は名前忘れ。

3枚目は「ワイングラスの滝」で本当にグラスみたいでした。4枚目は、さすが熊の遭遇率93%のクルーザーですね。親子熊を発見し、全速力で一番近くまで急行します。

        

1枚目は、世界遺産になるまで使っていた港で今は避難港になっています。2枚目は「ゴジラ岩」、3枚目は「カシュニの滝」で穴に流れ落ちます。4枚目は知床岬の灯台で、ウトロ港から80kmあります。

        

1枚目は、「メガネ岩」で穴がひとつなのに眼鏡なの????。2枚目は「獅子岩」でなんとなくそれなりに、3枚目は「観音岩」で白い観音様が見える。4枚目は、沖合いを大型観光船「オーロラ号」が団体客を乗せてゆっくり走っています。

結果、クルーザーの旅は最高でした。帰りは沖を走り、イルカを見ることが出来たし、時にはクジラで出会うこともあるそうです。

羅臼岳が良く見える「知床五湖」と「知床峠」

        

知床五湖も世界遺産になってから厳しくなり、一湖、二湖しか見れません。3,4,5湖については現地ガイド付きで無ければ入れません。それもインターネットの事前申し込みで、一人5000円から7000円かかります。

ここから、羅臼岳が良く見えます。もっと近くで見るなら4枚目の「知床峠」ですね。

納沙布岬から釧路湿原へ

        

ここ太平洋側はすごい霧で、昼過ぎまで晴れないそうです。仕方が無いので、岬の写真だけ撮りました。1枚目は「納沙布岬」、2枚目は「愛冠岬」、3-4枚目は、釧路湿原ですが、花も咲いていなくて霧も深く散歩だけしました。

道東三大湖の最後「阿寒湖」

        

2回来ているのにまた来ました。アイヌコタンで熊の彫り物のボーラータイを買ってから、今回は霧も晴れてきたので展望台から眺めることにしました。3枚目は「双湖台」、4枚目は知床スキー場の「阿寒湖展望台」。

「オンネトー」と「オンネトー湯の滝」

        

北海道3大秘湖のひとつで、天気がよければ正面に雌阿寒岳と阿寒富士が湖面に写り綺麗なんだけど・・・。後ろ二枚は「オンネトー湯の滝」で湯の滝は世界でもここだけ、湯の温度は30度ぐらいで熱湯ではなかったですが、ここへ行くのに駐車場に車を置いて、30分ぐらい徒歩で山道を歩きます。熊の鈴をチリンチリンと鳴らしながら・・・・