×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2009.10  

白馬八方の秋



秋真っ只中の信州へ・・・・白馬八方尾根へ登りました

3000m級の山々

信州で初めてパノラマ写真です。これは3枚を合成しています。紅葉は少し遅かったみたいですが、今年はあまり鮮やかではなかったように思いました。

        

                

第一ケルンまでは、ゴンドラとリフトを2基を乗り継ぎで登ります。その後は、キャラバンシューズをはいてトレッキングとなります。 登りは急で、八方ケルンまで約1時間30分ですが、我々は2時間以上かかりました。足は、ガクガクでした、やはり普段から運動をしていないツケがあわられますね。

白馬連峰

登る途中には、白馬連峰、鹿島槍、白馬五竜など北アルプスの山々がが歓迎してくれます。 写真は左から不帰三峰、二峰南峰、不帰一峰、天狗尾根、天狗の頭、白馬三山(白馬鑓ケ岳、杓子岳、白馬岳)です。

        

1枚目は左の山が鹿島槍、右が白馬五竜で、二枚目は白馬三山です。こんな景色を見ながら登ると、今日の目的地「八方池」が見えてきます。ここまでがトレッキングで、これから上は唐松岳に向けて登山装備が必要となります。

八方池

ここが八方池です。ここは本当に日本ですよ、何かスイスみたいな景色ですね。

                

                

周囲は500mぐらい、深さは約4mの池で、オオサンショウウオ、モリアワガエルなどが生息しています。今日のように天気がよい日は白馬三山を水面に映して神秘的です。

もう二週間もすればここは雪で真っ白になります。

高山植物

        

高山植物も「カライトソウ」などが咲いていました。紅葉は「ドウダンツツジ」など鮮やかな色をしていました。

ホシガラス

        

松ノ木から松ぼっくりをくわえて、木の上でパクついていました。最後は、報道用ヘリで大勢の登山者を写していたのかな?