×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

コンテンツ1    2009.04.03〜04.10  

エジプト遺跡めぐりの旅 NO 5



アスワンから「ナイルエクスプレス」で

いよいよアスワンから寝台特急「ナイルエクスプレス」で南下(エジプトではこう言うらしい)。

「アスワンハイダム」

水の安定供給と発電のため1964年旧ソ連の協力で建設された。

長さ3830m、高さ111mで全長500Kmで表面積は琵琶湖の7.5倍の規模。

ダムが破壊されるとエジプト国家が危機に陥るため、軍事機密としてダムの撮影は禁止されている。

しかし、観光客が写す程度は目こぼししてくれる。お土産用の砂取り場、砂漠の細かい砂が取れる。(2段目右)

「切りかけのオベリスク」

オベリスクはピラミッドに付属するご神体だったが、やがて独立しピラミッドに変わるようになる。

3面は切り取られ、底辺が岩盤とつながっている未完成のもの。長さ41.75m、重さ1168tは最大級。

寝台特急「ナイルエキスプレス」

夜5時半アスワン発、朝6時にカイロに到着する寝台特急です。二人用の個室タイプ。

列車は古く、快適とは言えなかったけど良く休めました。食事は、こんなものとして食べると満足。

売店も、飲料、スナック菓子ぐらいで日本のKIOSKがうらやましい。

ルクソール東 ルクソール西  コンボ、アスワン アジ・シンベル 

ナイルエキスプレス ピラミッド  カイロ